ごはん ねどこ といれ くすり ちゅうい



猫様方のお食事 基本はドライフードと缶詰のみで、人間の食べ物は一切ナシ。
……盗み食いされたときは別ですけどね。
よくパンが狙われます。それも菓子パン。ジャムが好きらしい。
ドライフード ・ピュリナワン インドアキャット
・シーバ
・モンプチ
(給料日前あたりの貧乏な時期には猫元気とかフリスキーとかを混ぜることもあります。笑。)
・安売りのドライフード(外猫用)
ウェットフード ・まぐろの達人
・ciao
・味きらり
・キャラット
・キャラットレトルト
(時々、カルカンのでっかいヤツとかフリスキーのでっかいやつが入ることも)
・安売りの缶詰(外猫用)
おやつ ・ciaoのササミ、かつお
・ペット用減塩にぼし
猫と暮らし始めた頃は安物の缶詰とドライフードをあげてました。所謂「ねこまんま」はあげたことないけど。
長年一緒に暮らすにつれ、高価な種類に変わっていくようです。
天河が死んだあと、ドライフードをもっと良いものに変えよう!と、「サイエンスダイエット」に変えました。
病院でもこれが良いと言う先生がいましたし、子猫の頃からサイエンスダイエットで育てたら、それ以外食べな
い子になってしまったし……。
逆に、サイエンスダイエットはあまり好きじゃなく、ピュリナワンが好きな子とかアイムスが好きな子とか、色々。
今はピュリナワン好きな子がメインなので、ピュリナワンをメインに。
叶愛はピュリナワンとシーバ以外食べません……orz
次郎とありうりなりは何でも食べられたらOKらしいので、時々猫元気やフリスキーを混ぜますが……、どうも最
近、味の違いに気づいたらしく、ピュリナワンばかり食べるようになりました。
似羽ちゃんと利百にゃんこに関しては、ちょっと安めのご飯をあげてます。食べる量がすごく多いから……、流石
にうちの家計でまかなえなくなるので、分け隔てしてごめんねーと思いつつ。
猫のご飯代で毎月かなりの出費……。
まぁ、7匹いれば仕方がない。

因みに、病院で推奨されたサイエンスダイエットですが、これを食べさせていたら健康になるというわけではない
ので、高価なご飯、医師推薦のご飯が絶対良いのかと言うと、疑問。
だって、食べ物もトイレも日々の生活も細心の注意を払っても、病気になるときはなるし、天国に行っちゃう子は
いそいそ行っちゃう。
逆に、人間の味の濃いものも食べるし、外に遊びに行くし、予防接種もしてないし、ご飯も安いものばかりって子
の方が元気に長生きしてるんじゃないかと思うことがあります。
叔母宅の猫なんて、毎日ちくわだチーズだヨーグルトだ魚だ何だを食べて、外にも遊びに行ってるのに長寿だし。
食事の良し悪しだけが健康&長生きの秘訣じゃないですよね。やっぱりその子の持って生まれた運命かな。
安物ご飯で我慢させてる似羽ちゃん。病院で見てもらったところは健康体でした。利百にゃんこはまだ捕獲出来
てないので何とも言えないけど……、見た感じは丸々太って美味しそうです。鈍くさいけど。




猫様方の御寝所 猫なんて、人間の布団や膝の上や座布団で寝るものだと思ってました(笑)
なんか気がつけば部屋の中が猫様グッズでいっぱいだし。
買い物に行けば猫のものばかり買っている……。ナゼ。
ベッド ペット用のベッド。里宮が愛用したスティッチ模様は夏物で、敷物がい草だった。里宮と叶愛用
に2つ購入し……1つはありの粗相でダメになって捨ててしまい、もう1つは気がつけばモップ入
れになっていたと言う不思議。
ピュリナワンの懸賞でふっかふかのベッドをgetして、これも里宮が愛用していたけれど今は窓
辺でなりが愛用中。
新しいのをそれぞれに購入してあげたいんだけれど、すぐにありの粗相でダメになるだろうと保
留中。(ありはふかふかの物を発見するとおしっこせずにいられない子です)
本棚の隙間だとか、机の下だとか、棚と棚の間だとか、狭い隙間に入るのが大好きなヤツ等は
人間のまったく思いもよらぬところに自分の巣を作って生息します。
現在確認済の巣は、棚の下の隙間、文机の下、箪笥の上の空箱。
どの辺に巣を構えるかは猫の好みと性格によるみたいです。
過去に一時期預かった子猫は本棚の本と本の間に作ってました。
押入れ 押入れの下の段は荷物を整理して平らに。座布団や毛布を設置して眠れるようにしてあります。
叶愛のお気に入りは上の段。人間用の布団や毛布の上で、まくらにもたれて寝るのがお好き。
時々上りそこなって布団と一緒に落下してくることも……。
冬場は何匹か団子になって寝ています。
最初に場所を取って熟睡していた叶愛が追い出されることもorz
基本的には、押入れの使用権は叶愛のものです。
コタツ 冬場にお目見えする、猫大好きコタツ。
スイッチを消す夜間は湯たんぽを1つ入れておくと、夜中〜朝方まで十分温かいので、猫も暖か
く眠っております。
猫用こたつは、不要になった丸テーブルを利用。下に座布団と毛布を敷き、テーブルを置いて毛
布や布団をかけ、更に天板部分にも座布団を置いて毛布を敷いておく。中には湯たんぽを1つ。
中は温か、上はやわらか。
部屋が狭くなるけれど……、寒い思いをして風邪を引かれるよりずっと良い。
電気を使わないので安全♪
もちろん、人間の。
顔の上。首の上。胸の上。腹の上。背中の上。お尻の上。
今は一緒に寝る子はいませんが……。
腕枕で寝るのが当然って子がいました。
そりゃもう可愛いもんです。
猫のためなら喜んでベッドになりましょう!
季節の終わりの安売りで、フリース毛布やひざ掛け類を沢山買い込んでおくと、次の冬には猫のものになります。
少し厚めの絨毯なども購入しておくと良いでしょう。我が家で使い終えた毛布は、従兄宅の犬の毛布に払い下げ。
子犬の頃から猫に慣れた子なので、猫の匂いが残っていても普通に使ってくれます☆
猫に使われたくないちょっと良い毛布とか座布団は、袋に入れたまま、押入れに眠らせておくと長持ちします☆
……使おうとすれば必ず猫も使います……。
湯たんぽはバスタオルなどに包んで温度調節をしましょう。ペットボトルでも代用出来ます♪
赤ちゃん用の湯たんぽはなかなか良いです。
電気アンカ等は感電や火事が怖いので使えません!
因みに室内犬用の小さい木製ゲージを購入しましたが、誰も使ってくれません。中にもふもふ毛布敷いてるのに。
玄関先の荷物置き場として利用中……。




猫様方のご不浄 一番初めに暮らしたトラのトイレはプラスチック容器に新聞を敷いただけの粗末なもの。
よく我慢して使ってくれたな……。
システムトイレ ・にゃんとも清潔トイレ
・デオトイレ
アイリスオーヤマのヒノキチップ&ネット購入の安物ペットシートで利用。
猫がお腹を壊したときにはチップがすべてダメになると言う困った点があるけれど、掃除はとーー
ーっても楽。しかも散らからない。妙な埃が立たなくて綺麗。
ヒノキチップを紙砂に変えても使えます。
シートと砂の両方ダメになるから経済的とは言えない……。
紙砂 ブルーに染まる砂
もしくはおしっこの色がそのまま出る砂。健康状態チェックにもなるかなー。
トイレに流せない、新聞に包んで捨てなきゃならん細かい砂埃のたつアレ。
現在は滅多に使わない。
猫がお腹を壊したときには便利。綺麗に固まるから。
ありは本当はこのタイプのトイレが好きなんだけど、散らかるしくさいし汚いので却下。
システムトイレって便利ですねーーーー!匂いも少ないし。チップは大体1〜2週間で交換。下のトイレシートは毎
日交換。それでも掃除が楽です。砂のトイレだと掃除だけで1時間かかります……。
トイレは猫の数+1が理想だそうですが……、現在は4つしか置いてません。5匹に4個のトイレ……。
少ないかなと思うけど、喧嘩もせず仲良く使ってるからヨシとしちゃえー。
因みに置き場所は、廊下に3つ、私の部屋に1つです。
寒いと廊下に出るのがイヤらしく、部屋のをメインに使ってます。